[コードを文字に変換する]

コードから各文字コードの文字を表示させます。

下記は、よく使われる文字コードです。

 JIS  SJIS EUC  UTF-8  UTF-16 字
 41   41   41   41     0041   A
 42   42   42   42     0042   B
 43   43   43   43     0043   C
 2422 82A0 A4A2 E38182 3042   あ
 2424 82A2 A4A4 E38184 3044   い
 2426 82A4 A4A6 E38186 3046   う

Delphi2009から文字コードがUnicodeになったそうです。
そのため、Unicodeをそれぞれの文字コードに変換が必要ですが
変換先の文字列変数を用意して、その変数に代入するだけで文字コード
の変換が出来てしまいます。そして、変換後に文字を表示させます。
サンプルは「A」と「あ」の各文字コードでのコードです。
【ソースコード】 [tips0015.pas]
program tips0015;
{$APPTYPE CONSOLE}
uses
 SysUtils,Math;

type
 SJISString   = type AnsiString(932);     //Shif-JIS(CP932)
 EUCJString   = type AnsiString(20932);   //EUC-JP(CP20932)
 EBCDICString = type AnsiString(20290);   //IBM EBCDIC (日本語カタカナ)  

 //2009ではAnsiStringにコードページが指定できるようになりました。
 //コードページとはWindows上で文字エンコーディングを指定するための16ビットの整数です。
 //コードページを指定するには、type節でtype AnsiString(CodePage)と宣言します。

var
 Int : Integer;
 S   : String; 
 WS  : WideString; 
 US  : UnicodeString; 
 A   : AnsiString;
 SJIS: SJISString;
 EUCJ: EUCJString;
 U8  : UTF8String;
 EBC : EBCDICString;

begin
 WriteLn('コード→文字変換');
 WriteLn(#13#10,'$41(A)を各文字コード変数に代入し、文字とコードを表示');
 Int:=$41;
 S:=Chr(Int); WS:=Chr(Int); US:=Chr(Int); A:=Chr(Int); SJIS:=Chr(Int); EUCJ:=Chr(Int); U8:=Chr(Int); EBC:=Chr(Int);
 WriteLn('  String      =',  #9,S,    #9,'$',IntToHex(Ord(S[1]),1));
 WriteLn('  WideString  =',  #9,WS,    #9,'$',IntToHex(Ord(WS[1]),1));
 WriteLn('  Unicode     =',  #9,US,    #9,'$',IntToHex(Ord(US[1]),1));
 WriteLn('  AnsiString  =',  #9,A,    #9,'$',IntToHex(Ord(A[1]),1));
 WriteLn('  SJISString  =',  #9,SJIS,  #9,'$',IntToHex(Ord(SJIS[1]),1));
 WriteLn('  EUCJString  =',  #9,EUCJ,  #9,'$',IntToHex(Ord(EUCJ[1]),1));
 WriteLn('  UTF8String  =',  #9,U8,    #9,'$',IntToHex(Ord(U8[1]),1));
 WriteLn('  EBCDICString=',  #9,EBC,    #9,'$',IntToHex(Ord(EBC[1]),1));

 WriteLn(#13#10,'$3042(あ)を各文字コード変数に代入し、文字とコードを表示');
 Int:=$3042;
 S:=WideChar(Int); WS:=WideChar(Int); US:=WideChar(Int); A:=WideChar(Int); SJIS:=WideChar(Int); EUCJ:=WideChar(Int); U8:=WideChar(Int);
 WriteLn('  String      =',  #9,S,    #9,'$',IntToHex(Ord(S[1]),1));
 WriteLn('  WideString  =',  #9,WS,    #9,'$',IntToHex(Ord(WS[1]),1));
 WriteLn('  Unicode     =',  #9,US,    #9,'$',IntToHex(Ord(US[1]),1));
 WriteLn('  AnsiString  =',  #9,A,    #9,'$',IntToHex(Ord(A[1])*256+Ord(A[2]),1));
 WriteLn('  SJISString  =',  #9,SJIS,  #9,'$',IntToHex(Ord(SJIS[1])*256+Ord(SJIS[2]),1));
 WriteLn('  EUCJString  =',  #9,EUCJ,  #9,'$',IntToHex(Ord(EUCJ[1])*256+Ord(EUCJ[2]),1));
 WriteLn('  UTF8String  =',  #9,U8,    #9,'$',IntToHex(Ord(U8[1])*256*256+Ord(U8[2])*256+Ord(U8[3]),1));

end.
【コンパイル&実行】 [tips0015.bat]
dcc32 tips0015.pas 
tips0015.exe  > tips0015.txt
pause
【実行結果】 [tips0015.txt]
コード→文字変換

$41(A)を各文字コード変数に代入し、文字とコードを表示
  String      =	A	$41
  WideString  =	A	$41
  Unicode     =	A	$41
  AnsiString  =	A	$41
  SJISString  =	A	$41
  EUCJString  =	A	$41
  UTF8String  =	A	$41
  EBCDICString=	チ	$C1

$3042(あ)を各文字コード変数に代入し、文字とコードを表示
  String      =	あ	$3042
  WideString  =	あ	$3042
  Unicode     =	あ	$3042
  AnsiString  =	あ	$82A0
  SJISString  =	あ	$82A0
  EUCJString  =	、「	$A4A2
  UTF8String  =	縺$E38182